2014年2月18日火曜日

オーブン・ミトンのおやつなお菓子

東京の西の外れ、高尾山の裾野にて、イラストを描いたり、ロゴやキャラクターをデザインしながら、近所でヨガ教室を開いている、なつこです。

この度の大雪で被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

大雪騒動で疲れた心と身体に、ほっこり癒やし系のブログをお届けします。


大雪の翌朝、ヨガのクラスがぜんぶキャンセルになったので、めずらしくベーキング。非常時にすみません。。。こういうのは生存本能でしょうか。家にある材料をかき集めてマフィンを焼いてみました。

左はバナナ・ココア&ピスタチオ、右は小豆&カボチャです。


ボリューム満点です。

マフィン型6個分の材料を4個に使って高さを出し、5〜6分長めに焼きました。クッキングシートをカットした深い型紙もポイント。

レシピの元は小嶋ルミ先生「 オーブン・ミトンのおやつなお菓子」です。バターや卵を使ったリッチなマフィンですが、トッピングのクランブルをはぶいて、ちょっと軽くしています。お砂糖は、元のレシピが主にブラウンシュガーにほんの少しのグラニュー糖なので、主にきび糖を使いました。やさしい甘さです。

小豆かぼちゃは、たまたま煮てあったのを使いました。




小嶋ルミさんのケーキの本は非常に詳しいのが特徴です。
卵1個でなく、卵何グラム、材料の混ぜ方も、ヘラの持ち方の角度から、一秒間に一周の速度で何回まぜるなどとても細かいの。最近はまぜ方がよくわかるDVD付きの本も出されているようです。

「めんどくさい!」とイヤがられそうですが、実際その通りにやってみると、丁寧にまぜた生地は、失敗なくきめの細かいふわふわの美味しいケーキに焼けます。


雪かき労働のあとにほかほかの焼きたては、大好評

これで家族も笑顔です(笑)



◎かわいい手づくりのロゴやキャラクター なつこ工務店 

◎西八王子のアットホームなヨガ教室 りばーさいどヨガ